製品・サービス

見える化システム

見える化システムとは

見える化システムとは データや情報を整理し、わかりやすく「見せる」ことにより、省エネ活動の促進といった目的の達成を支援するシステムである。システム構築のポイントは、見せる対象が誰なのか、何を伝えたいか、また見せることによりどういう活動を促したいかという目標を明確にした上でのコンテンツ作成が必要だということである。当社は、建物設備の運転・制御やエネルギー使用状況などを監視する中央監視システムと連携して設置することが多く、中央監視システムの持つ膨大な監視情報の中から絞り込んだ情報を適切なデザイン(数値やグラフ)と簡易な説明をつけた表示コンテンツ案を物件ごとに提案し、最終的にお客様とよく協議しながらフレキシブルに構築している。

このページの先頭へ

導入目的

見える化の導入目的(ニーズ)には、以下のようなものが多い。

  1. 省エネに取り組んでいることのPR(企業イメージ作り) -- 建物来場者向け
  2. 省エネ活動の推進 -- 建物利用者(居住者)向け、ビル管理員向け
  3. 主要な設備の運転制御状況の確認 – ビル管理員向け、研究者向け

このページの先頭へ

システム概要図(一例)

中央監視システムが取り込んでいる情報を、見える化システム側でも取り込み、グラフ化・表示画面作成を行う。表示画面は自動巡回にて表示させる他、タッチパネルによって表示画面の切り替えも可能である。複数画面に表示したり、複数建物の情報をインターネット経由で集めて表示するなど、様々なシステム構成が可能である。

このページの先頭へ

表現方法

導入目的別に、以下のような表現方法を用いている。

1. 省エネに取り組んでいることのPR

⇒PRしたい事柄をキャラクターやアニメーション、写真などともにわかりやすく表現する。

2. 省エネ活動の推進

⇒エネルギーの全体使用量、用途・エリア別消費量、時刻・月別の消費傾向がわかるようなグラフ・数値で表示する。また、表示期間も瞬時値、1日、1月、1年などとし、それぞれ他の日、月、年と比較しながら、現在の状況を示し、具体的な省エネ活動につなげられるように工夫した表現にする。

3. 主要な設備の運転制御状況の確認

⇒「室内環境が基準値に対して適切か」、「制御設定値が適正か」など、特に、設定値の不備が、エネルギー消費量に大きな影響を与える設備の運転・制御部分の状況をピックアップして表現する。予め設定しておいた閾値等を超えるなどした場合には、予め登録しておいた警告や改善方法を強調して表現し、設備運転員が具体的に対策行動をとれるようにしている。

このページの先頭へ