製品・サービス

コミッショニングプロセス業務

コミッショニング(Commissioning、Cxと省略される)とは

コミッショニングとは、「ビルシステムの実性能の持つべき要求性能を規定し、新築ビル導入や既築ビル運用においてその実性能が要求性能や基準に合致しているかを検証して記録し、合致していなければ改善するといった品質志向のプロセス」である。
コミッショニングの種別としては,新築建物に対して行う新築建物のコミッショニング(新築Cxと省略される、英語では、New Construction Building Commissioning)と既築建物に対して行う既存建物のコミッショニング(既存Cxと省略される、英語では、Existing Building Commissioning)がある。また、新築Cx後や既存Cx実施後に、定常的な運用段階において継続して行う継続コミッショニング(継続Cxと省略される、英語では、 On going Commissioning)がある。
当社は、主体的に実施しているのは、既存Cxと継続Cxであるが、新築CxでもCMT(Cx管理チーム、Commissioning Management Team)のBEMS・自動制御担当としてメンバーに参画している。また、当社は、NPO法人建築設備コミッショニング協会(BSCA)に登録しているコミッショニング事業者(CxF、FはFirmの意味)である。

BSCAのCxF登録企業一覧は、こちら → http://www.bsca.or.jp/cxf/

* BSCAホームページ内の以下のページに、コミッショニングのQ&Aがあります。ご参照下さい。
  http://www.bsca.or.jp/library/

このページの先頭へ

コミッショニング資格等

 CxPE(性能検証技術者)資格者 2名
 →  http://www.bsca.or.jp/qualification/cxpe_list.html

 CxTE(性能検証専門技術者)登録者 3名
 →  http://www.bsca.or.jp/cxte/

 CxF(コミッショニング事業者)登録
 →  http://www.bsca.or.jp/cxf/

 当社は、NPO法人建築設備コミッショニング協会の賛助会員です。

このページの先頭へ

業務の流れ

ビルシステム構築業務、コミッショニング業務、それぞれ単体ではなく、以下のように連動して実施するケースが増えている。

  • 省エネ実現には、制御システムを適正にすることが重要
  • 実施した省エネ対策の検証には、BEMS、見える化システムが有効
  • 膨大なBEMSデータを客先に代わり、分析実施。新たな改善ポイントの提示と実施
  • 最終的には継続コミッショニングを業務委託

武庫川女子大学パターン

立命館大学パターン

このページの先頭へ