新着情報

デマンドサイドマネジメント表彰・振興賞を受賞

ニュース

2017.10.20

デマンド制御技術で高評価

 

 蓄熱システムの普及促進と技術向上に向けた事業などを展開しているヒートポンプ・蓄熱センターが表彰する2017年度の「デマンドサイドマネジメント表彰・振興賞」において、アレフネットが受賞をしました。

設備情報システム部 藤村昌弘GM

 

同表彰は14年度まで実施されていた「電力負荷平準化機器・システム表彰」を見直し、電力負荷平準化システムの一層の普及および社会への啓発を図ることを目的として15年度から実施されています。今年度は同社の「個別空調最適運転制御と空調・照明統合連続デマンド制御システムの構築」が選ばれ、アレフネット設備情報システム部の藤村昌弘グループマネージャーが6月5日に東京都千代田区で行われた表彰式で記念品などを授与されました。

中小規模のビルではビル管理者が不在であることが多く、エネルギー消費の大半を占める空調設備・照明設備の省エネルギー対策が進んでいません。また、制御システムがメーカー独自のもので、ユーザー側で実施できる対策が限られているという課題もありました。このような背景を踏まえて、当社は管理者不在の建物の空調設備・照明設備を対象とした省エネルギー制御システムを構築。省エネルギー性能や先進性、市場普及性などが高い評価を得て今回の受賞に至りました。

従来のデマンド制御は機器のON-OFFによって実施され、極端な室内環境の変化を伴うため在室者に我慢を強いていました。そこで機器能力を段階的に抑制するシステムを構築することにより、室内環境にも配慮したデマンド制御を実現しました。さらに、現在普及しつつある電気自動車を蓄電池としてデマンド制御へ取り込み、空調・照明・蓄電池設備と連携したシステムを構築しています。なお、連続デマンド制御に関して、同社は関西電力と共同で特許を取得しており、導入の実績を重ねています。

このページの先頭へ