システム導入事例

  • ホーム
  • システム導入事例:すべて

すべて

  • 中央監視・自動制御

2014.06.01

虎ノ門ヒルズ

・2014年竣工の大規模複合商業ビルの電力監視設備。特高受変電設備、サブ変電設備7箇所をそれぞれ光ケーブルでループ接続としている。グラフィックパネルに大型モニタタを採用する事により拡張性・汎用性に優れたシステムとしている。

・2008年に浜甲子園キャンパスに新設された研究棟建設時に、中央監視・自動制御システムを導入。その後、2011年までに既存システムを当社システムに更新。

・2009年から2013年の間に、中央キャンパスの中央監視システムの更新を実施。

・現在も新棟建設時には、当社のシステムが増設設置されている。

・中央キャンパス、浜甲子園キャンパスともBEMS設置し、当社の保守網でデータ管理されている。

・当社システム採用は、2006~2007年に行った浜甲子園キャンパスのコミッショニング業務がきっかけとなった。

  • 中央監視・自動制御
  • BMS

2012.11.01

同志社大学今出川キャンパス

・良心館新築とキャンパス全体整備工事に伴い、新たに中央監視システムを導入した。

・中央監視センター装置は、良心館防災センターの他、正門・西門門衛所(監視のみ)に、リモートステーション(RS盤)はキャンパス内各建物に設置され、各設備の監視・制御を行う。また、BEMS装置では、設備の運転データを収集・蓄積するとともに、本装置で分析が行える。

・自動制御システムとはBACnetで、ビルマル空調(EHP)の運転データはEHPメーカのI/Fとの通信でポイント情報の取り合いを行っている。

  • 中央監視・自動制御

2012.09.01

アークヒルズ仙石山森タワー

・スポットネットワーク受電による特高電気室にグラフィックパネルを設置。サブ変電設備には、入出力端末ユニットを組込む事によって省配線施工とした。各電気室を光ループによるネットワークで構築。大量点数でも堅牢でレスポンスがよいシステムとなっている。

  • 中央監視・自動制御
  • BMS

2012.03.01

京都産業大学壬生校地

・節電・省エネを意識した照明・空調設備の運用を行う中央監視・自動制御システムを導入した。

・多回路電力モニタ装置(三菱電機製、EMU)により室外機毎の電力量の計測ポイントの取込みを実施。

・当社で開発したビルマル空調システム(EHP・GHP)の最適制御(低負荷運転回避、最適COP制御)の導入、各設備区分別のエネルギー消費量をリアルタイムでモニタできるエネルギー監視画面制作など、本建物建設ゼネコンである竹中工務店と協議しながら、エネルギーマネジメント機能が充実したシステムとなった。

このページの先頭へ