コミッショニング・研究開発事例

  • ホーム
  • コミッショニング・研究開発事例:コミッショニング

コミッショニング

2013年1月に竣工した同志社大学今出川キャンパス良心館(写真:外観)では、当社は中央監視設備・BEMSの設置工事を実施した(リンク)。本工事の中央監視設備特記仕様に、「竣工後3年間コミッショニングを実施すること」があり、新築機能性能確認フェーズのCxを実施された。その中で、中央監視ベンダである当社はデータ分析を担当し、定期的に分析結果レポートを提出する業務を行った。氷蓄熱システム、ターボ冷凍機、ガス吸収冷温水機の3種類の熱源をもつ電気・ガスミックスの熱源システムの性能検証が主たる目的であった。同志社大学今出川キャンパス 良心館外観熱源システム系統図【建物概要】規模 地上4階(一部5階)、地下 more...

京都駅ビルの冷熱源設備とこの熱源設備から供給される冷水の受入施設(サブステーション)を対象とした既存Cx調査・対策実施フェーズを実施した。CMTは当社が務め、メンバーに京都駅ビルの設備運転・保守を行っているジェイアール西日本総合ビルサービス(JR-BS)、JR-BSからの発注で自動制御保守を担当しているアズビル、京都駅ビルの電気設備工事を行ったきんでんでCxチーム(Commissioning Team)を構成し、建物オーナであり、本Cx業務の発注者でもある京都駅ビル開発と協議しながらCx業務を進めた。過去のデータ分析や様々な現場実験の結果をもとに、月別・外気気温帯別に、熱源設備・サブステーショ more...

既存Cxプロセスの調査フェーズで熱源設備の運転状況を分析した結果、立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)の省エネ対策時に開発した「熱源低負荷運転回避制御」、「熱源最適運転制御」と立命館宇治中・高等学校の省エネ対策時に開発した「熱源一次ポンプ余剰圧力活用制御」を立命館アジア太平洋大学(APU)の熱源設備にも導入することを提案した。対策実施フェーズで、これを実施し、これらの制御を導入した他案件と同様に高い削減効果が得られた。

立命館アジア太平洋大学

立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)の教室棟(コラーニングⅠ棟)の熱源設備を対象とした既存Cx(調査フェーズ・対策実施フェーズ)を実施した。調査フェーズでは、280RT吸収冷温水機2台のワンポンプシステムの冷温水ポンプにインバータを設置し、末端差圧によるPID出力と熱源通過流量によるPID出力のハイセレクトでインバータを制御する手法を提案し、対策実施フェーズでこれを実施し、機能性能試験で年間約80%の冷温水搬送動力エネルギーの削減を確認した。

立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)コラーニングⅠ棟

ガス吸収式冷温水機3台(600RT×2台,500RT×1台)は導入後,17年経過しており,機器劣化による運転効率(COP)低下によるエネルギー消費が増加して、老朽化更新が検討されていた。また,省エネ法規制対象事業者として,行政からエネルギー・CO2削減対策を強く求められていた。このような背景の中で,既存の熱源設備を対象に既存Cxを実施した。調査フェーズでは、BEMSデータ分析により既存設備の性能検証を行い、熱源更新案を省エネ・省CO2効果量の推定値とともに提示した。この結果に基づき、対策実施フェーズで、熱源機器更新と制御システムの改善工事を実施し、更新後1年間の機能性能試験・適正化を行った。

コミッショニング・研究開発事例

このページの先頭へ